ZAKKO CLUB

めひび(めかぶ)

わかめの雌株の事をこちらでは「めひび」と呼びます。

わかめやめひびを採るのは早春の頃。水温が一番下がった凍りそうなほど冷たい海に潜って海女はわかめやめかぶを刈るのです。葉の部分であるわかめの柔らかさと違い、めひびはシコシコとした歯ごたえとぬめりがあります。同じ海藻なのに、部位が違うだけでこれだけ味も食感も違うのは驚きです!

熱を加えると茶色っぽかった海藻がみるみるうちに鮮やかなエメラルドグリーンに変わるのが不思議。

Mehibi Soup

材料

めひび 適量

*調味料*

​水 めひびが浸かるくらい

ほんだし 小さじ1

醤油 大さじ4

砂糖 大さじ1

地元の人の中には海藻の中ではめひびが一番美味しい!と言う方がとても多いです。

食欲のない日でも、めひび汁だけは例外!ご飯にかけるとサラサラ~っと食べれてしまいます。

調理手順

1. めひびを細かく刻みます。左の写真は包丁で千切りにしていますが、フードプロセッサーで細かくしても簡単で良いです。濡れるとぬめりが出て刻みにくいので、半乾きの状態で刻むようにしましょう。

2. 刻んだめひびと調味料全てを鍋に入れて中火にかけます。めひびの色が鮮やかな緑色に変わり、味見をして好みの硬さになったら火を止めて出来上がりです。

温かいご飯にかけておじやのようにして食べたり、そのままスープとして頂きます。お好みでどうぞ。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等は、営利非営利の目的いかんに関わらず著作権等の権利侵害となります。

権利侵害となる使用が発覚した場合には、法的手段を講じることもありますので、ご注意ください。

Copyright© 2020 Tatsuya SATO. All Rights Reserved.