ZAKKO CLUB

Recearch Collaborator

As a freelance scientist of marine biology, I wrote dissertations and joined some projects of major universities so far.

My experience and knowledge are based on actual observations. I always prioritize on-site investigation and having communication with local people directly over staying at laboratory and look at data.

I have a theory that scientific study should be utilized for improving people's daily life. As a scientist, I'm willing to collaborate with other scientists or experts to find ideas to create better future.

論文等

・「木曽川採集紀行」.2007年.佐藤達也.魚類自然史研究会会報,11号;p3-6.

・「三重県五十鈴川の魚類相」.2007年.佐藤達也・淀太我・木村清志.魚類学会年会(北海道大学).

・「三重県五十鈴川の魚類相と生息環境の評価に関する研究」.2009年.佐藤達也.修士論文.

・「耳石微量元素を用いた三重県加茂川におけるウグイの回遊履歴の推定」.2009年.石崎大介・大竹二雄・佐藤達也・淀太我・吉岡基・柏木正章.日本水産学会誌,75(3);p419-424.

・「水路改修工事がスジシマドジョウ小型種東海型の生息状況に与える影響の予測」.2010年.佐藤達也・田中綾子・石崎大介・小原大昇・向井貴彦・淀太我.日本生態学会年会(東京大学).

・「三重県五十鈴川の魚類相.2010年.佐藤達也・淀太我・木村清志」.三重大学大学院生物資源学研究科紀要,第36号;p39-52.

・「三重県南部の2河川へのカワヨシノボリの侵入と在来ヨシノボリ類への影響」.2010年.淀太我・佐藤達也・石崎大介・小原大昇.日本魚類学会年会(三重大学).

・「琵琶湖およびその周辺水域における特定外来生物カワヒバリガイの分布状況」.2011年.木村妙子・井上暁広・木村昭一・佐藤達也.Sessile Organisms,23(1);p9-18.

・「三重県鳥羽市に残されていたシイノミミミガイの繁殖地」.2011年.佐藤達也・木村昭一.かきつばた,名古屋貝類談話会会誌,36号;p49-52.

・「豊かな内湾の貝類相6 -三重県鳥羽市南部入江-」.2011年.木村昭一・佐藤達也.日本海類学会大会(九州大学).

・「鳥羽 海辺で遊ぼう 生きもの観察ガイドブック」.2011年.佐藤達也(調査・執筆・写真)・石原義剛(企画)・前田憲司(構成)・その他.海の博物館.

・「三重県鳥羽市沖で採集されたキタンヒメセミエビGalearctus kitanoviriosus (Harada)の最終期フィロソーマ幼生」.2012年.佐藤達也・木村昭一・井上誠章・関口秀夫.南紀生物52巻2号;p101-106.

・「三重県伊勢湾湾口域におけるイガイの生息状況」2013年.佐藤達也・木村昭一.かきつばた,名古屋貝類談話会会誌38号;p35-40

その他、講演等

Disertations

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等は、営利非営利の目的いかんに関わらず著作権等の権利侵害となります。

権利侵害となる使用が発覚した場合には、法的手段を講じることもありますので、ご注意ください。

Copyright© 2020 Tatsuya SATO. All Rights Reserved.